Pick up
施術で行っていること、意識していること

 セラピスト兼オーナーのダイキです。今回は施術中に考えていること、行っていることについて、お話しさせて頂きたいと思います。お客様は知る必要は無く、あまり話さない方が良いことであるかもしれません。私は悪い人間なので、お話しさせていただきたいと思います。気分を害するかもしれませんので、嫌な方はここで読むのを止められて下さい。

 施術は、性感マッサージということになりますが、プラス、お客様が施術を受けられた後にも何かしらの良い効果があることを目標に施術をしています。それは、足が細くなる、お肌が綺麗になる、メンタルの不調があれば改善する、痛みがあれば改善する、悩みがあれば改善に向かう、私生活がより充実したものになる、などです。

 具体的な方法としては、お会いしてからの挨拶から始まります。

 ご予約頂いたことに対する感謝の言葉から始め、施術場所の浄化、アイスブレーク、段階的なプロセスを踏んだ内容、座るポジション(出張場所によっては変えることもあります)、キャリブレーション、ペーシング、室温、シャワー室の温度、室内の湿度、時間管理、施術の組み立て、施術によってエネルギーを奪わないこと、施術中にブロックを解除しエネルギーを流す、施術しながら免疫力をあげるテクニックを使う(心の中で唱えながら行うテクニックです)、お客様の要望に出来る限りお応えすること、などを意識しています。もちろん上手くできないことの方が多く、更には口ベタで不器用なので、失礼なことを言ってしまったりと、後から反省することの方が多いのですが、なるべくそう努めています。

 施術中の組み立ては生理学と陰陽の性科学に基づいて施術します。背面では、脊柱をエネルギーが昇るように肉体面とエネルギー面の両方でブロックを取り去ることをまずは意識して施術し、その後、前面ではホルモンの活性化、臓器の活性化を狙って、施術していきます。
 ブロックをなるべく取り去ってから、次に、ホルモンを狙って、上から松果体→下垂体→甲状腺→副甲状腺→胸腺→膵臓→副腎の順番で施術します。
 次に、臓器を狙って、肺→心臓→脾臓→腎臓→肝臓→乳首→卵巣→卵巣宮の順番で施術します。

 これらの施術自体はその臓器の周辺自体に直接触れないこともありますが、エネルギー、経絡を考えてこのような順番で施術していきます。手で触れると不自然な場所に触れることになる時に唇を使ったりします。
 また、自分とお客様の身体のエネルギーの流れ、循環を考慮して、右手、左手を使い分けたりします。例えば、指で生殖器にアプローチする時は左手の指を使って施術します。
 また、エネルギーを奪わないようなやり方を意識します。良い効果を出す以上に悪影響を出さないことがより重要だと考えていますので、気をつけます。

 以上のようなことを施術では意識して行っています。お客様は全く知らなくて良いことでした。ご予約の動機は様々かと思いますが、気軽に楽しんで、出来れば気持ち良くなって頂ければ、それで良く、気持ち良くなって頂くことだけでも、私にとってはとても難しいことであると思っています。

 今回は施術についてお話しさせて頂きました。お読み頂いた方はありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事